ツバメ&ヨシゴイ
真夏の野鳥撮りを瓢湖にて

このところ毎日雨ですが、少し前まで新潟は猛暑の日々でした。
その暑いさなかでも、行けば何かしら被写体に出会える場所が瓢湖です。

白鳥と蓮:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

去年1度だけ蓮にツバメが止まっているところを撮ることができたのですが、もう花が終わる頃でした。

今年はラッキーなことに蓮が満開の7月末にツバメに遭遇することができました。

ツバメと蓮1:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

私の望遠レンズはマイクロフォーサーズの100-400なので精一杯のばして35mm判換算800mmです。

去年の600mmからグレードアップしていますが、これ以上遠かったらムリかもっていうギリギリの距離感でした。

ツバメと蓮2:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

それでも、これくらいならトリミングしてもPC画面で見る分には十分でしょう。

ツバメと蓮3:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

ツバメは大きなお口もチャームポイント。

ツバメと蓮4:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

ほっぺがほんのりピンク色に見えるところがなんともかわいい・・・!

ツバメと蓮5:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

そしてヨシゴイ。
ハスの開花が進むにつれて、行くたびに見かけるようになりました。

ヨシゴイ1:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

最初はとにかくヨシゴイの姿だけでもと必死に撮っていましたが、せっかくだから蓮の花が入るように写したくて、ちょっと移動したりカメラのアングルを変えてみたり。

ヨシゴイ2:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

ヨシゴイ3:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

獲物を捕らえた瞬間の姿も魅力的です。

ヨシゴイ4:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

ヨシゴイ5:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

ヨシゴイ6:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

この横顔、なぜか私は写楽の浮世絵を連想してしまいました。

ヨシゴイ7:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

今後の目標は・・・
ヨシゴイが獲物を捕らえる瞬間の水しぶきを鮮明に、そして画面のどこかに蓮の花が入るように撮る!

難易度高すぎ?
・・・かも。

でもがんばります。

コメントする

*