冬の瓢湖・・・晴れた日・凍った日

2020年12月の晴れた日の瓢湖。
いつものように白鳥おじさんのまわりには白鳥やカモたちが群がります。

冬の瓢湖1:LUMIX DMC-GX7MK2+LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0

その一方で、白鳥おじさんが撒く餌には目もくれず、バケツに首を突っ込むカモとハトも面白いです。

冬の瓢湖2:LUMIX DMC-GX7MK2+LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0

青空をバックに、カモのシルエットがいいあんばいに撮れました。

冬の瓢湖3:LUMIX DMC-GX7MK2+LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0

そして年が明けて2021年1月。

寒波でドカ雪の日々は雪かきに明け暮れ、家と車が埋もれないようにするのが精一杯でしたが、雪がちょっと落ち着いてから出かけてみました。

すると前月とは様子が一変、湖面は全部ではないですが凍っています。

冬の瓢湖4:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3

氷の上を歩く白鳥もかわいいものです。

冬の瓢湖5:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3

冬の瓢湖6:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3

そうそう、去年暮れに新しい望遠レンズを買ったのです。
LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400 です。

今まで使っていた望遠レンズはLUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 IIだったので、焦点距離が35mm判換算で200mm長くなりました。

鳥を撮るにはまだまだ足りないのですが、経済的にも体力的にも私にはこれが限界。
このレンズで一生?頑張ります。

冬の瓢湖7:LUMIX DMC-G99+LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3

この冬の目標は、4年連続で瓢湖に飛来しているというコスズガモを撮ること。

でも、このコスズガモ、たった1羽しかいないのです。
姿がよく似たキンクロハジロはたくさんいるのですが、春に旅経つ前に探し出せるかなぁ・・・。

冬の瓢湖8:LUMIX DMC-GX7MK2+LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0

コメントする

*