マフラー用に軽くて暖かくて
肌触りのいい毛糸はどれ?

マフラー編むぞ!

今年はガーデニングという新しい趣味が増えたおかげで、モノづくりがめっきり減りました。

もともとここは手作りブログなのに、ネタがないではないか・・・!
と、思っていた今年の夏、娘のリクエストでちょっと難易度高めのかごバッグを作りました。

そして冬になり、また娘からのリクエスト。
今度はこういうマフラーが欲しいと。

あぜ編みって?
初めて聞いた編み方ですが、調べてみたらイギリスゴム編のよう。
イギリスゴム編もやったことないのですが、ピエロさんの動画でこれならできそうと思いました。

さて、毛糸はどれにしようか・・・?
結構ボリュームのあるマフラーなので、糸選びを間違えるとどっしり重くて肩や首が凝ってしまいそう。

軽い毛糸は?
・・・と、考えて思いつくのがハマナカリリー。

実はこの毛糸での仕掛品があります。
何年も前に編み始めたアラン模様のセーター。

アラン模様セーター1(ハマナカリリー)

前後見頃を編み終え、袖の2本目途中で止まっています。
本のとおりではなく、ちょっと変更したのですが、どう変更したのか・・・?

謎のメモがありますが、自分で書いておいてわからない・・・!
なんとか解読しなくては・・・。

アラン模様セーター2(ハマナカリリー)

で、このセーターの糸がハマナカリリー。
リリアン状なので軽い糸なのです。

今回もこれがいいかもと思い、イギリスゴム編で試し編みしてみました。

ハマナカリリー ゲージ

編む前はもっと太い糸がいいのかと思ってましたが、もう少し細くてもいいかな?

でも、ふわっと軽い編地でマフラーには最適。
ただ気になったのが、私の荒れた指先で触っていると、表面の毛が引っかかって毛羽立ってきそうな感じがしたところ。

もうちょっとしっとりした感じの毛糸でもいいかも・・・と、次なる候補を探して見つけたのがハマナカアメリー。

近所にイオンがあるのでパンドラハウスを見てみると、ハマナカリリーもハマナカアメリーもありました。
ハマナカアメリーは、ネットでの高レビューどおり、触り心地がいいなと思いました。

でも、店の照明が良くなくて、実際の色がよくわかりません。
ハマナカリリーも家で見る色とちょっと違います。

ネットの画像で見た時には、No.20のホワイトは白すぎるからNo21のベージュがいいかなと思ったのですが、実物を見ると確かにホワイトは白すぎるように感じましたが、ベージュは色が付きすぎでした。
中間の色があればねぇ・・・。

ハマナカリリーは40g120m、ハマナカアメリーは40g110mなので同じくらいの軽さの糸が欲しかったのですが、パンドラハウスにはそれほど種類がありません。
やっぱりネットで探すしかないか・・・と思っていると、もう1つだけ良さそうなのがありました。

ダルマ ウールアルパカ、30g100m。
『空気をまぜて糸にした』とは、マフラーに最適。

店頭で見る限り、ハマナカアメリーほど白すぎず、触り心地もいい感じです。
もう、これに決めて買って帰ってすぐに編み始めよう!
・・・と、思ったのですが、在庫は店頭にある5玉のみとのこと。

イギリスゴム編は縦につまるので、5玉では足りないような気がします。
結局ネットで注文することにしたのでスタートはおあずけ。
続きはまた後日に。

コメントする

*